ボナパルト家の子育て

我が家の子育てで、私が思う事。

目標達成できなかったときに、自問自答してほしいこと。

2015年、日本でマイナースポーツだったラグビー界が話題となり、

五郎丸ポーズが流行ったのは記憶に新しいかと思います。

あの時、なぜラグビーが話題になったのかといいますと、

ラグビーは体格差がそのまま結果に反映される競技でもっとも番狂わせが起きにくいといわれる中で、

ラグビーW杯で日本が、強豪南アフリカに勝利したからです。

その勝利に導いたのが、エディージョーンズさんでした。

昨夜、イングランドのコーチ延長契約が発表されましたね。

 

さて、タイトルですが、

私はこれまでかなり多くのビジネス書を読み漁り、

それを実践し、

自分で目標を立ててはそれを達成するために全てをつぎ込むような生活をしてきたつもりでした。

でも、ずっと感じていたことがあります。

いわゆる「デキる人」と比べると、私には決定的に足りない何かがある

ということです。

それがなんなのかはわかりませんでしたし、

その存在を認めたくもありませんでした。

もちろん、できない言い訳ではありません。

でもその「何か」を明確にしてそれを克服しないと、

私は自分の満足いく人生を送れないような気がしていたのです。

 

そんなモヤモヤはとれないまま、

出産して、

子育てをして、

ふわっとした生活をしていました。

 

ところが先日、エディジョーンズさんのこんな言葉に出会いました。

目標を達成するには、

自分が変わる必要を認めることです。

 

私は、アラサーになって今更感満載ですが、

自分が人の話が聞けないことに気づきました。

いつ何時も素直でないことに気づきました。

異常にプライドが高いことにも気づきました。

・・・書き出したら、キリがありませんが、

すべてはこれに集約されます。

目標を達成するには、

自分が変わる必要を認めることです。

 

自分は、変わらなければいけない。

このままいけばもう少しでできたはず。ではないです。

もうちょっとこうやればきっとできたはず。ではないです。

あのとき、タイミング悪くああいうことが起きなければできたはず。ではないです。

目標達成まで時間が足りなかったのも、

ある部分を少し変えることができなかったのも、

不運なことに遭遇したのも、

それは単なる言い訳です。

あなたの中の何かを変えなければいけなかったのです。

 

小・中学生くらいのお子様がいらっしゃれば、

こんな風にはなしてみるのはどうでしょうか。

「どうして目標の90点とれなかったのかなぁ?」

「この問題を間違えたから?」

「どうしてこの問題を間違えたんだろう。」

因数分解は、わからないもん。」

因数分解は、出題範囲じゃなかったの?」

「出題範囲だったけど、でるかでないか微妙なところ聞いたから。。。」

「花子ちゃんは、起きる確率が低いことに対して準備はしないの?」

・・・・・

 

( ここ、重要です!

 「範囲に入っているんだったら全部やりなさい!」ではダメなのです。

 花子ちゃんは、きっと起きる確率が低いことに対しては準備しない性格なのかもしれません。

 「たぶんないと思うけど、一応準備しておこう。」という気持ちがない人なのかもしれません。

 もしそうだとするならば、変えた方がいいですよね。

 それは、次のテストで90点をとるためではなくて、

 人付き合い、仕事、結婚、子育て、全てに通じてくるからです。

 もし「ないとおもうけど、さっきの話をもし○○と捉えていたら、それは誤解だからね。」と、

 友達に一言、言うことができたなら、

 変な誤解を作って人間関係がこじれることもないはずです。)

 

 

 

続けて、氏はこういっていました。

「よく自信がないという人がいますが、

 理由は簡単。

 準備不足なんです。

 自信を持つためには、準備と努力をすればいい。

 した分だけ、努力という蓄えは増える。

 信じる力ほど強いものはない。

 それがやがて不可能を可能にするんです。」

 

 

自分に言い聞かせたい。

そして実践できる人になってから、

子どもにも伝えていきたい。

キムタクがお医者さんのA Lifeというドラマでも、こんなフレーズありましたよね。

名医役のキムタクが、

難しいオペをすることに対して、

どこからそんな自信わいてくるんですか、

といわれたとき、

それだけ準備しているからと。

 

とっても料理が下手な私は、以前、料理教室に通っていました。

とある日本料理店の料理長さんのお教室だったのですが、

本当にびっくりするくらいの下準備でした。

え、そんな面倒なことをやるんですか?という連続でした。

「こうやると、こうなって本当に美味しいので、

 うちでお出しするときにはそうしているんですけど、

 それは家庭ではできないと思うのでこうやってください。」

だから自信をもって、お客様にお料理をお出しできるのだと。

「自分は、1000匹魚がいたら、一瞬で一番美味しい魚を見つけられますよ。

 それくらい、魚をみてきました。」

こんなことも聞いたことがあります。

きっと私には想像もつかないほど、魚を見、比べ、さばき、食べられたのでしょう。

 

 

さて、2つ話題をだしてしまいました。

まとめます。

 

 

ひとつめ。

目標達成できなかったとき、

自分にこう問うてみてください。

目標を達成するには、

自分が変わる必要を認めることです。

 

そしてそれをお子さんにも伝えて欲しいと思いました。

 

 

ふたつめ。

準備と努力をしたらした分だけ、

それはあなたの自信になります。

 

逆に自信がないときは、準備と努力を怠っているだけです。

 

これも、日々、お子さんに伝えていってほしいと強く思います。

「あなたのためにやったんだから」は絶対言わない

ビットコインが大暴落ですね。

今更ながら、Binanceにユーザー登録した、ボナパルトです。

 

今日はふとしたことから、主人とこんな会話になりました。

子どもに、「あなたのためにやったんだから」は絶対にやめよう。

 

9ヶ月になる娘が最近目に見えてどんどん成長している中、

夫婦でよく話題になるのが、何をさせるかです。

基本的には子どもの意志を尊重していきたいのですが、

それでもある程度選択肢を作ったり、

分かれ道のあるレールを敷いたりしたほうがいいんじゃないかなぁなんて話しています。

結果がどうであれ、

もし子どもが、私たちが思ってもみない言動をしても、

「あなたのためにやっていたんだから」とは、

絶対に思わないし、

もし思ってしまっても、決して口には出すまい。という感じで意見がすごく一致しました。

 

「別に頼んでないし。」

そんなところで終わればまだいい方です。

 

「じゃぁ自分のためにそれをやらなかったら、ママはもっと他のことができたの?」

「そのお金を自分につかわなかったら、ママはもっと・・・」

「私さえいなければ、そんなお金はそもそも必要なかったんだから。

 私がいたばっかりに・・・」

そんな風になるのは最悪です。

少し大げさと思われるかもしれません。

でも、

言葉は、

発した人はなんともおもっていなくても、

言われた方には重くのしかかり、

それが心に深く残ることがあります。

ママから子どもに対する言葉なら、なおさらです。

 

 

虐待されてもママのことを守るような発言をする子がたくさんいるくらい、

子どもはママのことがとーっても大好きなのだと思うのです。

私もそうでした。

幼少期から、結婚・妊娠するまでずっーと、

自分の母がどうしたら一番幸せになれるんだろうと考えていました。

甘えることはぜんぜんなかったようですが、

それでもいつも考えていたのは、

『「私」ではなくて「母」はどうやったら幸せになれるのか?』

そして、私がしたいことと母が願うことが違う時の葛藤。

 

 

長くなりましたが、

そもそも我が子であれ、一人の人。

なんでもかんでもしてあげる必要があるもの1,2歳まで。

血が繋がっていても、

言っていいことと悪いことがある。

していいこととしてはいけないことがある。

敬意も気くばりも必要。

いつもそういう関係でいたいと思っています。

離乳食をはじめて一ヶ月

最近すっごく離乳食食べてくれるようになりました。

食べてくれるのは嬉しい反面、

今日はほんとにおとなしくしてって思ってしまいました。。。

たぶん、こわーい顔だったと思います。

 

 

 

うちの子は、スプーンを自分で持たないと気がすまなくて叫び、

持たせたら振り回すからスプーンについてるものが飛び散る。。。

そしてスプーンを落として笑っている。。。

テーブルの上の食器たちに興味津々で、

いつもは手が届かないから取るのをあきらめていたものの、

今日はついに椅子から立ち上がる技を覚えました。。。

一瞬でテーブルに這い上がりました。。。

 

どんな仕草も、一挙手一投足が可愛かったけど、

今日、初めて、お願いじっとしてっておもいました。

 

夜中に子育てサイトをみていたら、

「スプーンを自分で持ちたがり、

 食べ物を顔中につけて、こぼして、

 スプーンやお皿を落として遊ぶ」

とかいてあり、

なんだか笑ってしまいました。

 

子どもが生まれたてのころに何となくTVでみた離乳食をあげるシーンで、

赤ちゃんがおとなしく座っていて、

スプーンを近づけると口を開けていたのを記憶していて、

皆そうやってくれるものだとどこかで勝手に思い込んでいました。

 

あ〜!そんなはずないのか!

勉強になりました。

こぼしまくってべとべとにするものだと思えば、

そういう対策をしていて、微笑ましく見れたと思うのです。

人の先入観は怖いと改めて認識しました。

そして私は、その先入観に支配されやすいんだとも。

 

うん。

子育てでイラっとしてしまったら、

「あれ、なんでイラっとしてるんだろう。」

と考えてみることにしよう。

もしかしたら、私、

あり得ないことを期待しているのかも。

あなたが物事を多面的に見られるかどうかで子どもの一生は大きくかわる

こんばんは。

幼少期、「名探偵コナン」は大好きだったのですが、

刑事ドラマはおじいちゃんの見る番組というイメージで

なんだか好きになれない かの です。

一方、主人は刑事ドラマが大好きで、

「◯◯刑事」とか、「△△の女」とかいう刑事ドラマは必ず見ます。

しかも絶対リビングで、一緒に見ようと誘ってきます。

おかげでそんな私も、最近、刑事ドラマにやたらと詳しくなりました。

 

本日の問題提起

今日は「相棒16」の日でしたね。

見ていない方も多いと思いますが、あらすじはざっとこうです。

 

ある青年の父親はあらゆる犯罪に手を染めていましたが、うまく証拠を残さなくやっていましたので逮捕されませんでした。 

それを見て育った青年は、

警察官になるために警察学校に通い、見事警官になります。

でもそれは、父親が反面教師になったのではなく、

父親と同じように犯罪をおかしても捕まらないために。

警察官は絶好の隠れ蓑で、

警察学校で学んだことは逮捕されないための知恵をいれるのには最高の場所だと。

 

(ストーリーは、 この親子の起こした事件に翻弄された警官親子の絆 です。)

 

単純に、感想は

このドラマを見て、主人とこんな話をしました。

お話にでてくる青年を通して表現したかった「警察官」。

警察官 = 善人 という先入観で生きている私たち。

いや、もっといえばどんな職業でも、

肩書きでもそれを逆手にとっている人がいるかもしれないということ。

ん、これは警察官の風刺?

それに加えて、主人公の水谷さん演じる右京さんの

洞察力、心理理論、言葉の使い方。

なんともいえないその状況を、非常に的確に表現した二字熟語。

(知識のない私は、言葉を調べ、だいぶ時間差で納得感がきます。。。汗)

 

見入ってしまうくらいこのドラマを分かりやすく私たちに伝えてくれる俳優さんの素晴らしさはもちろんのこと、

この何とも表現しがたい気持ちにさせてくれ、

考えさせられるお話 (細かい言葉使い含め) を考えている制作者の方々の努力。

脚本の輿水さんが考えているのだろうか。

どういう思考回路なんだろう。

 

子どもに伝えたいこと

このドラマの裏側にどういった背景があるのかは、

あくまで私の想像にすぎませんが、

例えば、悪巧みを考えている一部の警察官たちへの怒りから生じた風刺だったとします。

「ねぇ、悪いことを考えているそこの警察官さん、

 あなたの悪巧みはもうバレています。やめてください。」

子どもが、例えばそんな風に思って、警察官を目指すとします。

 (たとえ話です。あくまで。)

「本当は悪いことをしている警察官が実はいるんだ。

 彼らの犯した罪の証拠は自分がみつけてやる!」といって、

無事警察官になりました。

しかし、敵は思ったよりも強いのでした。

社会の荒波の中で、自分の中の正義を貫くことは難しく、

自分も罪を犯してしまいました。

あるいは、途中であきらめて別の道へ進んだかもしれません。

 

でももしこの子が、

警察に悪い人がいるんだから警察になってこらしめてやるんだ!という考え方だけではなく、

もう少し別の観点からも考えてみることができたらどうでしょうか。

ドラマの脚本家になってその事実を皆に広めることで、

世の中を変えることができたかもしれません。

政治家になって政治の方から変革を起こすことができたかもしれません。

要は、考え方を柔らかくすると、

何事にでもいろんな方向からアプローチできるんではないかなぁと思うのです。

そしてどんな物事にも、いろんな方向からアプローチできる人はなかなかいないものです。

だから、その考え方さえできれば、

それだけで仕事は圧倒的に有利にできるんじゃないかなぁとか思ったのでした。

 

今日はたまたま義理の母がきており、一緒にテレビをみて、

主人の言葉をきいていました。

主人「この洞察力とか、心理理論とか、本当にすごいよね。」

母「そんな力あったって、あなたは警察官じゃないんだから。」

主人や私からすると、

洞察力とか心理理論とかの話は、どんな仕事でも人付き合いがある以上、

絶対必要だと思っているので、学ぶところがあるなぁという見方です。

特に営業系や中小の経営系ならなおさらですね。

でも母からすると、警察官の役の人が演じているスキルは

警察官にとって必要なスキルでしかないのですね。

 

子どもに伝える方法

私も主人も、物事を多面的に見れるようになるだけで、

仕事も人付き合いも、ひいては、プライベートも、いや人生も、

圧倒的に濃厚になると、よりよい方向に向かうと思っています。

それには、どんな教育よりも

親の会話が物事を多面的にみれている人の会話かどうかなんじゃないかなぁと思うのです。

(こういうのって、自分はできている!って思う人ほどできていないですよね。。。)

なので、いつも主人と、

せまーーーい視野になっていないか、お互い確認し合おうねと話している

ボナパルト家でした。

 

悪い事をしない子どもに育てるためにすべきたった一つのこと

「色が白くて可愛いねぇ〜!

 こんなに色白なら将来はモデルさんになるかもしれないから、日焼けしないようにしないと!」

「あ!パパはゴルフ好きだから、

 この子は将来プロゴルファーにしたらいいね!」

私の両親が、私の娘の将来を語りだすと、

ジジバカ・バババカすぎる会話が始まります。

本人たちもわかっていて、そんな会話を楽しんでいるだけなので、

私としてはとっても微笑ましい家族団らんの時間です。

 

でも実際のところ、そんなふわふわした話じゃ足りなくて。。。笑

続きを読む