ボナパルト家の子育て

いま私たちが本当にすべき教育とは何か。私の子育てメソッドがどなたかの参考になれば幸いです。

私たち夫婦が子どもにどうしても伝えたいたった一つのこと。

私たち夫婦が子どもに伝えたいこと。

 

私たち夫婦は子どもの将来のことについてよく語り合っています。

時代の流れ、経済、政治というマクロのことから、

昨今の教育論、いろんな学校の方針、著名人のあれこれや、

会社、仕事感、具体的なお知り合いの方の会社のことなどなど。

そして、子どもに伝えたい事は本当にたくさんあるけれど、やっぱりこれに尽きるというのが私たち夫婦の考えです。

 

愛されていると感じること

 

 

 

別のことばを使うとすれば、

 

道徳心

 

ということばでしょうか。

 

自分が愛されているというのを強く感じられるひとは、

自分を愛してください!私はここにいますよ!という主張をする必要がありません。

自分はこんなことができる、こんなことをやった、こんなものをもっている

そんなことを主張する必要がありません。

だから、自分を主張することに心を支配されないですみます。

 

自分を主張する事に心を支配されていないと、

周りの状況をすーっと素直に受け入れることができます。

反発することも、自分のいいように勝手にねじ曲げて解釈することもありません。

 

そして自分がされているのと同じように、

誰かを愛したくなってきます。

 

自分から愛することができると、「感謝」を覚えます。

 

そして感謝することができると、

すーっと素直に心にいれた状況に、とっても興味がでてきます。

 

興味がでてくると、それに関する知識がつき、脳が発達し、もしくは身体能力がついていきます。そしてもっといろんなことへの探究心がでてきます。

(ちょうどこの内容、「林修の今でしょ!講座 3時間SP 6月27日 Youtubeバラエティ動画倉庫」でもやっていましたね。)

このスパイラルに入ることができれば、

周りの状況に受け身ではなくて、自発的に考え、行動し、修正していくことができます。

 

愛され、愛することが根本にあるので、人の道を外れることはしません。

興味をもつことからスタートしているので、受け身の状況よりも圧倒的に吸収力があり、柔軟性があります。

そして、自発性があるので、状況に応じて方向転換したり、軌道修正したり、新たな道を作ったりと柔和な対応ができるのです。

 

こういう人のところには人がたくさんよってきます。

人から好かれます。

人から好かれると、生活に困らないくらいのお金は十分に入ってきます。

いや、もっと入ってきます。

それは誰かのためになることに使います。

 

だから、周りのひとがハッピーになれます。

ハッピーになった人は、

同じように彼ら、彼女らのまわりの人をハッピーにしていきます。

 

そんな人生はとっても素敵な人生だと、

最高の人生だと、

私たち夫婦は考えています。

 

だから私たちの子どもには、

どんな知識や教育よりも、身体能力の訓練よりも、

 

あなたはとっても愛されているんだよ

 

 

ということを伝える義務があると思っています。

伝えたいだけではなく、伝える義務があるとおもっています。

それが子育てをするということ。

いのちを次の世代につなぐということ。

次の世代をよりよくすること。

 

 

 

なんだか、ものすごく当たり前のようで、

ものすごくきれいごとを並べているだけのようで、

あるいは何かの教えのようですが、

私たち夫婦は、

 

 

バカのように

こんな話をよなよな繰り返しています。

なんども、なんども、

いろんな言葉をつかって、

いろんな表現をして、確認し合っています。